So-net無料ブログ作成

泣いて、笑って [○越後線]

もっといい条件を追求したかった。粟生津の夕暮れ。
この日は、目の前できれいに夕陽が山に沈んだ。きっと車体はきれいなシルエットになっただろう。
残念ながらその時間には列車は来てくれなかった。

とはいえ、西に向かって小さな山だけがありすぐ向こうは地平線。列島が南北に向きを変える東の国ならでは。夕陽がただただ映える。




今、日本から見て地球の裏側の国にいて、もうこの地で115系を見ることができる機会はごくわずかだろう。
でも、どこで撮っていた時よりも、不思議な充実感を感じながら、撮っていた。

これからも顔を出せると、いいなと思う。


********

今日で私の連載を終えます。次は寄稿になります。佳境に入りました、185系踊り子の夏景色。
よろしくお願いします。


タグ:115系 越後線
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。