So-net無料ブログ作成

瑞々しい稲田 [○185系「踊り子」]

 今日から5日間、ともさんから寄稿いただいた記事でつないでいきます。
 185系の踊り子、私も度々行っていたのですが、そこでお世話になっておりました。
 温暖な沿線で過ごした時間は特に冬厳しい信越で暮らしていた者としては何よりの保養だったことを思い起こします。

 今回は今年の夏景色。海あり山ありの伊豆急線からになります。よろしくお願いします。

********
 きたぐにさんの長年の相棒である「とも」です。きたぐにさんのブログ再開に合わせて私からも当ブログに駄作を出させていただきます。在メキシコのきたぐにさんと異なり私は相変わらずの湘南暮らしが続いています。

 185系踊り子の終焉が近い中、この夏は主に伊豆急線内の姿を追い求めました。伊豆急線内といえば稲取俯瞰など海を取り込んだ撮影地が有名ですが、ちょっと違った角度も狙ってみました。朝、昼、夕と時間を追った形でどうぞ。

*********

 海岸近くの線路とトンネルが主体の伊豆急線内で、10両編成の踊り子を稲田とともにすっきりと撮影可能なところはあまりありません。その中でこの区間は理想的な風景となっています。実をいうと後ろが桜並木となっており桜のシーズンの美しさったら!
 ただ難点は線路が南北に走っているので、朝一番の下り踊り子である105号が通過する11時40分ごろにはサイドに陽があたりません。そうなると、季節臨の101号103号となりますが、5月連休、夏季、河津さくらシーズンが主体の運行。
 ということで、この夏、101、103号運転日に満を持しての撮影です。蓮台寺から徒歩で到着するとそこは見事なグリーンカーペット。ただ、天気の回復が遅く雲がどんどん流れひやひやする状況でした。やがて101号が朝の光を受けて颯爽と通過していきました。



2019年8月17日 伊豆急行線 稲梓-蓮台寺 撮影とも




コメント(0)