So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

柿の木 [○信越本線]

 11月に入り、メキシコでは朝晩冷えてきました。
 日本ではもう相当寒くなっているところもあるのではないかと思います。
 場所によったら朝方氷点下とか。
 山の中にいたころはそうでした。

 去年の今頃、朝からよく晴れているのだけれど、ともかく冷え込んでいた日でした。
 当時フィールドの一つだった小諸界隈、朝方の本数を稼げる小諸から下り方面は、線路の向きがあまりよくないので普通のカットは撮りにくい。
 イメージカット的な絵作りを心掛けていました。霜が軽く降った田畑の隅から、見上げて。




 側面に光が回った場所がなかなかないこの区間、一つの回答を得られたような気持ちになれました。

 手探りで絵を作ることは、楽しいことですね。
タグ:115系 S27
コメント(2) 

やはり語らないわけにはいかないか。 [○信越本線]

 現行被写体、という縛りで極力行きたいのですけど、
 信越山線で過ごした日々はほとんど189系妙高、特にN101編成のため、だったから。
 北越の陰に隠れて最後まであまり注目されなかったような気もしますが、山の中の寓居の目の前を走る国鉄特急色は最重要被写体でした。
 2年間、485だけでなくN101や475まで、共に過ごせたのは幸いだったのか、どうだったのか。

 秋の時期の新潟、基本的に晴れないものですが、この日の朝方はいい光線でやってきました。
 黒姫が秋の荒い雲を従えつつ何とか見えていて、妙高は完全に隠れていたので、奥の方で切り込んで。
 秋色残る高原を駆け降りる、快調な音を思い出します。


コメント(0) 

谷を分け降りて [○信越本線]

 信越山線、新潟側は基本的に開けた地形が続くのですが、一方、鉄道の方は関川やその支流が作る険しい谷に沿って、関川駅のあたりまで山を下りていきます。
 田んぼの隅から、のぞき込んで撮る場所。人気はなく、寂しいところでしたがこの日はそれなりの人数おいでだったと思います。
 今は115系が走らなくなってしまった区間の秋景色を、ラッセルの試運転の前走りで撮っていたのでした。
 この場所、雪月花との組み合わせも似合いそうです。


コメント(0) 

カラマツの季節 [○信越本線]

 もう少しさきでしょう、カラマツの季節は。
 晴れると燃え上がり、曇ると冬の訪れを寒々と伝えてくれる、一人二役。
 信越山線でも何箇所かで見ることができます。
 一番わかりやすいのは、ここでしょうか。



 紅葉は何とか残っていて、カラマツも色が出始めた、というちょうどいいタイミングでした。
 
 今もこの区間には115系が何とか走ってきてくれるので、新作が出てくるのを楽しみにしております。
コメント(0) 

早くも紅葉のお知らせ [○信越本線]

 早くも、というほどでもないかもしれませんが、10月最終週、紅葉の北海道や只見の写真がたくさん出回っているようです。
 メキシコにいると紅葉という事象自体、あるのだろうか・・・。
 多分メキシコシティ周辺はあるんでしょうが、ウチのあたりではお目にかかることはできなさそうです。
 関西だと12月上旬で残っている場合があるので、それに期待なのでしょうか・・・。

 少し紅葉の写真で、ちょっとずつ。

 信越山線、ちょうど山の中に来てから2年が佳境だったので住んでいるんではないかという勢いで通っておりました。
 片貝、線路手前のストラクチャーが様々新鮮で、よく妙高1号の前に来る115系に実験台になってもらっていました。
 撮影地の近くにちょうど桜の木があって、棚田を囲むように道がうねっているところ。
 秋というのは、どういうわけか曲がりくねった小道が似合うようにおもいます。
 逡巡しながら歩き回るのに適するということなのでしょうか、変わりやすい天候ゆえなのでしょうか。
 


コメント(0) 

伯耆大山 [山陰]

 帰りは伯耆大山まで足を延ばしました。
 夕方のやくもを狙いに。
 時間は思いのほかギリギリ。1本撮ってまもなく、交換で2本目が来た時には大山に雲がわいてしまいました。
 3時は晴れるけど夕方は曇る。山陰の天気はずっと住んでいたらパターンがあるらしいけど把握するのが難しいところでもあります。
 冠雪、ギラりみたいなのを撮ってみたいのですが~次のチャンスはいつでしょう?


コメント(0) 

 [山陰]

 最近話題になる泊っていうと、樺太の泊なんでしょうか。ちょうど樺太の1067ゲージが最後の時期に入ったということで、ネットでよくD2やTL16の写真を見かけました。
 雰囲気が、羽幌線だか興浜北線。いいなあ、と感動しっぱなしの風景。
 時間や情報の制約もあり突撃するのは勇気が必要だったので行くことはありませんでしたが、今の若い子たちもいろいろ楽しいものを見つけては楽しんでいてうらやましく思います。

 私の世代だと泊というと間違いなく山陰線の泊だと思います。泊~松崎でキハ58や出雲を待ち構えた人は多いんではないかと思います。
 泊駅自体も、午後の俯瞰撮影地としてよく知られていました。
 あまりに変わらない風景でした。今もこんな感じなのでしょうか。


コメント(0) 

海がすき [山陰]

 海をボヤっと見ているのが好きです。
 今度は少し、広く撮ったアングルから。
 ちょうど、波が少し映り込みました。



 このころは姫新線のキハが新型に置き換えられた関係で姫新線色のキハが混じっていました。
 姫新線での活躍の様子は撮りきれなかったのですが、山陰線的にはハズレ。
 ハズレといえばハズレなんですが、まあそういうこともあったな、ということで納得させています。
コメント(0) 

青い海を背にして [山陰]


 ちょうど300㎜F4を手に入れたタイミングだったので、この日は切り込んで使ってみました。
 青色が、鮮烈。この年は純正の望遠レンズを始めて使って、その価値に気づかされたのでした。
 長らくシグマの70-200使っていて、この日のデジは40D。
 縦アングルはちょうどこの70-200なのですが、色出しがどうもうまくいかない。
 EOS3にこの300㎜つけた写真はばっちり決まっているのですが。

 かなうものなら一式持っている今こそ、行きたいあの場所なのです。
コメント(0) 

静かな季節 [山陰]


 秋というのはどうも静かなものなのかもしれません。
 穏やかに晴れているし、田畑は空いていて。
 丘の上から小さな集落を眺めて押さえておきたいアングルをあれこれと考える。
 いいものです。

コメント(0) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。